お得な青色申告とは?

白色申告に比べると、青色申告の方がかなりお得だと言えます。青色申告特別控除により最大65万円までの控除を受けることができます。また青色申告専従者給与という制度により、雇っている15歳以上の家族への給与は必要経費として計上することが可能となります。損失繰越もでき、他の所得を合わせても控除しきれないほどの損失額が出てしまった時に便利です。経営状態が赤字であっても、翌年から3年間で繰り越すことができます。

帳簿が付けられないとお得な制度が利用できない?

青色申告の注意点として、申告時のために毎日複式簿記に基づいて、帳簿の記入を行う必要があります。簿記などの知識がない人にとっては、とても複雑で難しいでしょう。申告の際に用意すべき書類も白色申告と比べると難しくなります。しかし、この帳簿記入を行わなければ申告することが出来ず、お得な制度は受けられません。また控除を受けるための条件が満たされていない場合、控除額が65万円ではなく10万円になることもあるので気をつけましょう。

相談できるから大丈夫?!

青色申告は白色申告に比べて複雑で専門的な知識を持っていないと、うまく利用することが出来ません。しかし青色申告についての本などが書店で販売されているので調べることが出来ます。インターネットでも調べられるでしょう。また申告期間外でも税務署では申告に対する相談ができます。青色申告に関するセミナーが開かれていることもあるので参加してみるとよく分かります。また難しい場合は、申告を税理士などに依頼することで代わりに書類制作などしてもらえます。

フリーランスや個人事業主は毎年3月に確定申告を行い、1年間の所得を申告します。その際、所得を計算して申告する方法の1つに、青色申告があります。最大65万円の控除を受けることができます。